在宅ワークインターネット

在宅ワークも仕事の内容

在宅ワークも仕事の内容

インターネットを使った在宅ワークは、世界中どこにでもアクセスできるという利点があります。投資対象にする会社であっても、ネットである程度の確認ができてしまいます。自分が訪れたことがないような国や場所であっても同様です。

このことは、投資対象の拡大と安心感につながります。昔から海外投資をしていた人は少なくなかったのですが、実際に現地で情報を得ることは困難でした。現在のようにインターネットで世界中のニュースをすぐに得ることができる時代ではなかったので、手探り状態での投資になってしまいがちだったのです。当然、失敗も多かったわけです。

現在は逆に情報過多の状態に陥っています。情報が多すぎてどれを選択すればいいかわからなくなってしまっているのが現実です。ただ、一つ覚えておく必要があるのは、有料の情報と無料のものでは違いがあるという事です。有料の情報というのは、最近はやりの怪しげな情報筋の物ではなく、新聞という事です。無料の情報というのはネットのニュースです。いずれにせよ、情報源はあまり広げずある程度限定した方がいいでしょう。そうしないと情報に振り回される結果になります。

新聞記事は、ネットに比べて情報量が全く違います。そのため、網羅的に情報を入手することができます。これに対し、ネットのニュースは情報量が少ないうえに網羅的に情報を入手することができません。どうしても、自分が興味を持てるジャンルの情報しか手を出さないのです。しかし、それでは隠れた情報を探り当てることはできません。好き嫌いがよくないのは、食生活や人間関係だけではないのです。

インターネットを使った投資と従来の投資と違いはありません。取引の手段が証券会社の店頭や電話からインターネットやスマホに変わっただけです。在宅ワークでなんでもできるようになったため便利になったことは間違いありませんが、仕事や投資の本質が変わったわけではないのです。