在宅ワークインターネット

在宅ワークの自己管理

在宅ワークの自己管理

どんな在宅ワークでも同じですが、進捗状況の管理は自分ですることになります。誰にも監視されていないので、ズルズルと遅れがちになってしまい、締め切り間際に大慌てという事が少なくありません。仕事が雑になることもありそのようなことがないようにしたいものです。

これは、一般的な仕事だけではなく投資についても同じことが言えます。個人投資家の投資スタイルは長期投資が基本ですが、何もせずにいると無駄に時間が過ぎるだけです。それでは投資ではなく傍観者にすぎません。長期投資をすると決めたなら、銘柄の選定と投資タイミングのチェックは忘れてはいけないのです。長期投資だからゆっくりやればいいというものではなく、行動だけは起こす必要があるのです。

このためには自己管理が大切です。別にいつまでにいくら稼ごうというような目標設定が必要なわけではありません。下手に目標設定をすることで自分にプレッシャーを与えてしまっていい結果が出ないことが多いのです。必要なことは、常に新聞等で情報を入手して投資タイミングを探すという姿勢なのです。このような姿勢を持っていれば、そのうちいい投資対象が見つかるでしょう。

新聞を毎日読んでいると、経済情勢が落ち込んでいる国などの情報を得ることがあります。その際、その国が永遠に落ち込んで復活しないのか否かの見極めが必要になります。一時的に落ち込んでも復活の余地があれば投資のチャンスですし、復活しそうになければ近づく必要はありません。

この見極めは、継続的に新聞を読むことで得られる知識が役に立ちます。国によっては定期的に国内で紛争が起きて一時的に経済が落ち込んでも、国際的な工業団地が昔からあって再度経済が上向くというケースがあります。この手の知識は1年や2年経済新聞を読んでいてもなかなかわかりません。長期投資のサイクルは5年から10年と言われていますが、新聞も5年から10年読んでいないとこのような知識は身に付きません