在宅ワークインターネット

在宅ワークの利点

在宅ワークの利点

サラリーマンが副業をしたいと思っても、会社の規定で禁止されていることが多いです。少しくらい働いてもバレナイと思っても、給与をもらっているとその情報が市役所経由で会社に伝わってしまいます。会社へ送られる市民税の課税情報にアルバイトの金額まで入ってしまうからです。

このようなことを避けるためには在宅ワークが一番です。ほとんどの場合税金の対象にならず、市役所から会社に伝わることはありません。在宅ワークと言っても難しい話ではありません。最近はやりの株式投資などのことです。最近は株式投資などもネット証券を使えば自宅で取引できますし、ほとんどの場合スマホでもできます。全く外部から知られることなく副業ができるわけです。

インターネットを使えば、在宅ワークの可能性は広がります。最近はネットの記事代行をインターネット経由で依頼するようなこともありますから、多くの仕事が在宅で可能です。企業でも育休直後の女性に対して、在宅ワークを推進しています。わざわざ会社や事務所に行かなくても仕事ができるという点で在宅ワークは優れています。

インターネットを使った在宅ワークで一番多いのは株式投資ではないでしょうか。以前は証券会社の店頭でテレビ画面を多くの人が眺めていましたが、現在はそのような人はいません。空調が効いているので休憩ついでに来る人もいるでしょうが、投資そのものは自宅でやっても店頭でやっても同じです。手数料のことを考えたら在宅ワークで取引をした方が絶対に有利です。

インターネットを使うことで、証券会社側も利点があります。証券取引はコンピューターで処理していますが、店頭で処理をすると担当者が入力をする必要があります。取引の確認等で時間がかかるものですが、これを顧客自らやってくれれば証券会社も手間がかからず便利なのです。インターネットを使った取引は手数料が割引になっていることが多いのですが、このような理由なのです。